ご予約は宿泊予約ページ、またはメールやお電話・FAXで承っております。
メール・FAXでのご予約の場合は「宿泊日・宿泊人数・お名前・電話番号・料金・折り返しの連絡方法」をメールinfo@ogabansei.comかFAX0185-33-2460までお伝えください。多少の記入漏れがあっても、連絡方法だけでもご記入いただければ、こちらから連絡しますのでお気軽にどうぞ!
3日以内に折り返しご連絡差し上げます。
ご連絡方法(電話・FAX・メール)のご希望があれば予約の際にあわせてお知らせください。なお、3日以上たっても返信がない場合、当館にメールが届いていない、お客様のメールアドレス間違い、などの原因が考えられますので、お手数ですが再度ご連絡をお願いいたします。
男鹿萬盛閣 女将を務めております斉藤です。
昭和38年、秋田県男鹿温泉郷に祖父が開業した温泉宿を、両親と私でコツコツ続けています。
3名様までは昔ながらの部屋食で、4名様以上の場合も個室のお食事どころでゆっくりできます。
朝食もご希望でしたらお部屋に用意ができます。
続けることは大変ですが「変わらない」サービスがあってもいいんじゃないかな、という小さなこだわりです。のんびりしたいというご要望で、朝食を9時頃お部屋にお持ちすることもしています。

温泉はもちろん、源泉かけ流し。加水せず湯量調節で温度を加減しています。
また、男鹿温泉郷で唯一「貸切露天風呂」がありますので、お一人で、あるいはご家族でのんびり温泉を楽しめます。源泉かけ流しにこだわることで弊害もあるけれど、なにより自分たちが入っていて気持ちがいい。そんな素直な毎日の思いを、お客様にも共有していただければ...

本家は船主で底曳船「萬盛丸」を所有して男鹿の海で魚をとっています。7~8月の禁漁をのぞき、時化でなければ毎日出港しています。春はカレイや鯛、秋はヒラメやノドグロ、冬になるとハタハタ、アンコウ、寒ダラ、サメと、季節ごとに色々な魚がとれます。
底引き網漁の禁漁期は、ちょうど貝類のおいしい時なので、男鹿のアワビやサザエ、ウニがおすすめです。同じ漁協仲間からも魚を仕入れて、新鮮な旬の男鹿の魚介でおもてなしをしています。

家族でやっている古い温泉宿ですが、男鹿にいらしたお客様の楽しい旅の思い出作りにちょっとでもお手伝いができたら...
そして、第二の故郷として「ただいま~」と帰ってきてくれるような宿になれたら...
そんな思いで皆様をお迎えしております。

病気のこどもの旅行サポート

私たちは難病などで入院や長期通院をされているお子様やそのご家族がご旅行をするときのサポートを行っております。 もっと詳しく»

J.POSH ピンクリボン温泉ネットワークに登録・参加。バスタイムカバーの無料貸出をしています。

全旅連女性経営者の会(JKK)